• « 
  • 10 
  • 11 
  • 12 
  • 13 
  • 14 
  • 15 
  • 16 
  • 17 
  • 18 
  • 19 
  • 20 
  • 21 
  • 22 
  • 23 
  • 24 
  • 25 
  • 26 
  • 27 
  • 28 
  • 29 
  • 30 
  • 31 
  • »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


※ランキングに参加中です。よろしこ!



拍手する

それでもボクはやってない

2009.08.11 (Tue)

台風の影響で天気がものすごく悪いアップロードファイル

今年の夏は、夏らしい日が少ない。。。
ま~自然現象なので、こういう年もあるさ!って感じで、我慢するしかしょうがないね・・・。

ずいぶん前の夏もこーだった。
確か「米不足」と騒がれてた時だったと思うけど、その夏、まだ小さかったアヤとグミオと四人で新潟の保養所に旅行に行った。

保養所にはプールもあり、入ろうと思っていたのに、8月になってもまだ梅雨明けがされておらず、天気もドンヨリで寒かったため、プールにも入れず、雨で外にも行けず、ひたすら保養所の中で、下の池を泳いでる鯉にパンくずを投げて暇を持て余した記憶がある ̄□ ̄

また、もっともっと前の夏もこーだった。

わたしがまだ結婚してない頃。
両親と福島の五色沼に旅行に行ったが、その時も8月になっても梅雨明けしておらず、毎日曇天で、五色沼も煙っていた・・・・。
あの年も冷夏と言われていた。

よく、そういう夏が来ると「異常気象」とか言うけど、異常気象なんじゃなくて、数年に一回訪れる、当たり前の自然現象なんじゃないか・・・って気がする。

地球だって生きてるんだから、調子の悪い年もあるでしょ~ってわたしは思うんだけど。

ま~その様にプールも海もあまり楽しめない天気の中。

一昨日は、アマゾンで頼もうと思っていたマリンシューズを、なるべく早く欲しいので、川崎のラゾーナ辺りのスポーツショップなら売ってるかも!と買いに行ってみた。

アマゾンだと届くのに一週間くらいかかるかもしれないし、そうなると夫の夏休み中(ハイ、今真っ直中)に海に行きたいのに間に合わないと思ったから。←今の天気を見てる限り、今週中海へ行けるのか・・・・謎ですが ̄□ ̄

で。

結局、ラゾーナの中にはスポーツショップはなくて、ヨドバシカメラのある「ルフロン」と言うショッピングビルの中に大きなスポーツショップがあり、そこにマリンシューズっぽいのが売っていた。

一足1200円!
アマゾンと同じお値段で送料がかからないアップロードファイル

二足だと一足1000円になる・・・・が、そんなに買ってどーする!?

なので、一足買った。

紫色のマリンシューズだ。(普通のスニーカーじゃん!って思うが、店の人が”マリンシューズです”って言ったのだ、、、、)
マリンシューズ
ん~軽くて、その辺に履いていくのにもいいかも絵文字名を入力してくださいって感じ。

台風が去って、暑くなったら、またさっそく海に行きたいな~アップロードファイル
今度は日焼けに気をつけて(焼けちゃったんですよぉ~絵文字名を入力してください取り返しのつかないことをしてしまいました・・・・エーン)

さてさて。

DVDで遅まきながら、「それでもボクはやってない」を観た。

ほとんどが裁判シーンの周防監督の映画だ。

ちなみに周防監督って、アヤとグミオの先輩に当たる(久米宏や故・古尾谷雅人も)。
小学校が歴史が古く、この人々はみんな同じ小学校に通っていた。

と言う、どーでもいい情報は置いといて~。

「それでもボクはやってない」

痴漢と間違えられた青年が、終始無実を訴え、起訴され、裁判にいたり、判決を受けるまでを描いた映画。

折しも裁判員制度が始まったが、この映画を観ると、裁判の流れが良く分かる。

一言で感想を言うと、観ていて苦しくなる映画だった。

彼が痴漢をしたかどうかが問題になってる映画ではなく、彼は完璧にやってない!

やってない人を裁判がどう裁くのか。
そこがポイントの映画だ。

終始一貫して「やってない!無罪だ!」と訴え続け、そのため起訴され、裁判にまで至ってしまった青年は「裁判は無罪の人を裁いたりしない。身の潔白を証明してくれるところ」と信じているが、実際の裁判所は身の潔白を証明するところではなく、いかに彼が痴漢をしたか・・・を実証するだけのところだった。

自身の身の潔白を証明しようとすればするほど、彼は窮地に追い込まれ、無罪を主張するその態度は「反省の色がない!」と取られる。


刑事の取り調べもものすごく偏っている。

実際にこんなだったら、一般市民が間違えてえん罪を着せられても、どうやって身の潔白を証明すればいいのか・・・・すごく怖くなる映画だった。

特に男性の皆さんは、痴漢に間違われる事ってかなりあり得ると思われるだけに、本当に怖い。

もし、自分の夫や息子が痴漢に間違えられて訴えられたら、こんな刑事の取り調べや裁判に、どう太刀打すればいいのか・・・・身につまされ、考えさせられる映画だった。

映画の最初と最後にこういうテロップが出る。

どうか私を
あなたたち自身が
裁いて欲しいと思うやり方で
裁いてください


小日向文世が演じる、容赦ないクールな裁判官に腹立たしさを感じるとともに、主人公の心情と同じく「アナタは間違っている。ボクがやってないことはボク自身が一番良く知っている。裁判官!アナタは間違っています」と叫びたくなった。

人を裁く裁判官は、実は被告人に裁かれているのだ。

どうか、この世からえん罪がなくなるように、正しい正義が貫かれるように、裁判員制度が始まった今、思わずにはいられない映画だった。

大変良い映画なので、まだ観てない方は是非観て下さい。

ただ。

女性の立場からすると、痴漢は本当に卑劣な行為で許される物ではなく、示談とかあり得ないので、このくらい厳しく裁いて貰わないと、開き直る男性がいたり、実際はやったのにしゃあしゃあと無実を主張する男性がいることも事実だ。

そこがすごく難しいところ・・・・一体どうしたら真実って分かるんでしょうね~
真実って、結局その人の心の中にしかないのだろうか?

考えても答えは絶対でない、難しい問題だと思う。


※ランキングに参加中です。よろしこ!



拍手する

 | HOME | 

本日の一曲

※わたしが今日の気分で聞きたい曲をUPしてます
何かしらの思い出がある曲ばっかりです。
良かったら聞いて下さいね。
(音量調節はPCで行って下さい)


☆Spitz/つぐみ

マサムネくんにもうすぐ会える~~♪
向こうはこっちを知らないけど・・・
それでも愛羅武勇~

いらっしゃいませ♪

プロフィール

nani

Author:nani

ただ今のお時間

CFDウッドデッキ浮気調査SEOウッドデッキ浮気調査IT系の仕事

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ドール関係リンク



Blytheニュース

Created by Webpac

ブライス同盟

参加中

カスミの本棚

今日の献立

おやつの時間です

QRコード

QRコード

広告

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

ブログに降る雪

メール

メールはコチラから
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。